2017.05.31
カヌー
タグ:

【2017バードウォッチング+自然観察レポ】新緑の川俣で出会った33種類以上の生きもの


「自然相手なので、鳥がなかなか見られないこともあるかな?とか思っていました。でもけっこう見られてよかったです。」

2017バードウォッチング+自然散策の舞台は、前回のカヌーに続き川俣(かわまた)温泉エリアです。

2017バードウォッチング+自然観察  30秒ダイジェスト

フォトギャラリー

 

これバードウォッチングってより、全部ウォッチング

今年で3年目を迎えるバードウォッチング。ガイドはおなじみ、日光自然工房の飯村さんです。

楽しくてためになる解説に毎度引き込まれます。ツアー参加者のリピート率を計算したら…放送できないくらいすごいことになりました。

そろそろファンクラブができるとか、できないとか。

今回も発見がいっぱい。

 

もしシロウトのわたしが1人で歩いたとしたら。

今日見つけたもの。

鳥、チョウチョ、タンポポ、えーっと、草

 

以上。

 

…こんな感想だったでしょう(レベル1)。

 

でも、このツアーで出会った生きもの(声だけの出会い含む)。

思い出した(メモした)ものだけでも…

鳥(鳴き声のみ含む) センダイムシクイ、オオルリ、キビタキ、ホオジロ、アマツバメ、イワツバメ、コルリ、トビ、ハヤブサ、ハシブトガラス、ヤマガラ、ツツドリ、ヒヨドリ
昆虫 ウスバシロチョウ、サカハチチョウ、ミヤマカラスアゲハ、スジグロシロチョウ、オナガアゲハ
カキドオシ、トチノキ、ミヤマガマズミ、ウマノアシガタ、ミツバウツギ、ウスバサイシン、チゴユリ、ムラサキケマン、ニリンソウ
香りの植物  クロモジ、ミズメ、ウコギ、チマキザサ、カラハナソウ、ウワバミソウ

 

33種類以上

 

一応、バードウォッチングなのですが、チョウをはじめとした昆虫、めずらしい花、香りのする植物など、自然に関することをいろいろ学べました。

これぞ川俣自然学校 全部ウォッチング!

 

わからない人も、興味をもつきっかけになります。ここがポイントですよね。

<参加者の声>
「鳥だけでなく草、花、蝶についてもその場で教えていただきありがとうございました。(忘れてしまうものもあるでしょうが)このような時間をもっともちたいです。」

「色々な草花の名前も知ることができました。鳥の鳴き声も教えていただき、写真も見せてもらいわかりやすかった。」

ふつーは99%スルーしそうなところも、名人だと…

例えば、写真のようなところ。

ふつうならスルーです。

わたしなら滞在時間0.25秒です。

 

でも…このツアーの場合。

 

ガイド飯村さん「いた」

参加者「…?(見つからない)」

 

ー10秒後ー

 

参加者「あ!ほんとだ!チョウチョ!」

参加者「なんていう名前ですか?」

 

ガイド飯村さん「スジグロシロチョウです」

 

という具合です。こんな感じのやりとりも多かったです。

そのあと参加者全員が見られるよう、スコープをセットするのですが、その動作も速かったです。

 

悔しいので、なんでそんなに見つけられるのか、そんなにすぐわかるのか、聞いてみました。

 

答えはシンプルでした。

「もう50年以上見ているから」

 

<参加者の声>
「(先生の知識がすごいので)チョウチョのみに特化したツアーがあっても面白いと思いました。」

景色にも注目。これが栗山郷 本気の新緑

正直、なんにもしなくても眺めているだけでいいです。

そこに、バードウォッチングや自然観察をもってきちゃうのが、栗山ツアーです。

でた!絵ランチ(絵になるランチ)!

知る人ぞ知る、川俣湖畔の特別スポット。

めっちゃ楽しそうにキャンプをやったり、めっちゃ気持ちよさそうにカヌーをしている人たちがいました。

最近では都会の若いお姉さんやお兄さんも、”通”を中心に栗山のよさに気づきはじめているように思います。

<参加者の声>
「弁当うまかった!煮卵、アスパラ巻き~!これでこの参加費は安い!よい休日になりました。」

「天気にも恵まれ、森林浴しながらのバードウォッチングは格別でした。」

おわりに…

関東で最も奥の栗山。そこで自然や生き物の奥深さを楽しみながら学ぶ。シンプルだけど、都会の人にとっては最高のごちそう。

参加者の笑顔やガイド 飯村さんによる解説の様子を見ていて、しみじみと感じました。事務局 アオヤマ

ガイド担当

日光自然工房                


栗山ツアーの購読はFacebookページが便利です。

Twitter・RSSでも購読が便利です。