2014.07.21
トレッキング
タグ:

【第3回鬼怒沼トレッキング レポ】初心者〜ベテラン全員で天空湿原へ


140720 re2014 03 04

7/20(日)、「夏の鬼怒沼トレッキング」が行われました。雨だったけれど、みんなでうわさの天空湿原に挑戦。そのときの様子を簡単に紹介します。

1.鬼怒沼ガイドはネイチャープラネットさん

140720 re2014 03 09

ネイチャープラネット 人気ガイドのお二人です。坂内さん(ニックネーム:あずきさん)」と、手塚さん(ニックネーム:はちべいさん)です。

140720 re2014 03 08

スタートは奥鬼怒(おくきぬ)温泉の秘湯としておなじみの加仁湯さんから。小雨が降ってきたため、事前の説明は簡単にすませ、いよいよ出発です。

2.初心者からベテランまで。雨でもテンションは高く

140720 re2014 03 15

今回は登山初心者からベテラン、20〜60代、県内・群馬・東京と幅広い層の山好きさんたちが集まりました。

雨が降ったりやんだりしたので雨具を着たり脱いだり。ガイドさんの指示のもと、体温調節に気を使っての登山です。

140720 re2014 03 10

最初に見えてくる「ノシ滝」。

140720 re2014 03 11

雨の中、美しい風景を眺めながら進みます。

140720 re2014 03 14

かすかに見えた「オロオソロシの滝」。名前の由来はいろいろありますが、“オロ”は日陰、“オソロシ”は“恐ろしー”を意味します。

滝や川の激しい流れはときに人に災いを起こしますが、そのような恐ろしい様子をイメージしたのでしょうか。もうひとつの日が当たる場所に位置する「ヒナタオロソシの滝」とセットで覚えるとよいです。

140720 re2014 03 16

話題となった「ギンリョウソウ」。透き通った白色と姿が特徴的ですね。

あずきさんいわく「銀竜草と、漢字を知ると覚えやすいです。ただし”ギンリュウソウ”ではなく”ギンリョウソウ”」

140720 re2014 03 17

雨の日の岩場はとくに滑りやすく注意が必要です。

140720 re2014 03 13

鬼怒沼は途中、急な上り坂が続き、決して楽なコースではありません。

ガイドさんの指示をしっかり聞き、みんなで励まし合いながら慎重に進みます。

140720 re2014 03 12

たとえ疲れて会話が減っても、テンションあげあげ部長のはちべいさんが盛り上げてくれます。

140720 re2014 03 18

ほんのわずかですが、お日さまが出てくる場面も。

140720 re2014 03 19

一瞬だけ姿を表した青空です。

3.鬼怒沼のてっぺん、天空湿原へついに到着

一気に景色が開ける瞬間は、なんど登っても最高です。

140720 re2014 03 05

今回はじめて知りました。新しい鬼怒沼の名物になるかもしれない?「鏡の湖」。

みんなで行けば行くほど、すごいビジュアルに

140720 re2014 03 23

またまた一瞬ですが、青空が。湖に写った青空を見ることができて感動です。

140720 re2014 03 20

鬼怒沼といえば、小さくてかわいらしい高山植物。あずきさんの自然ガイドがはじまります。

140720 re2014 03 22

本ツアー名でも使われている「鬼怒川源流」。鬼怒川の最源流部とは、まさに鬼怒沼のこと。

みんなが知っている鬼怒川のスタート地点は鬼怒沼

意外?な事実に、驚かれる参加者も多かったです。

140720 re2014 03 02

食虫植物「モウセンゴケ」がぎっしり生えていました。

140720 re2014 03 01

雨やくもりの時はつぼみになる「タテヤマリンドウ」も、花の開いた状態が見られました。

140720 re2014 03 25

葉っぱのかじられた跡が見えますか?鹿による食害の話も。

秘境だから頂上でも混みすぎない。大自然をゆったり味わえるのが魅力です。

140720 re2014 03 03

ランチはおにぎりとからあげ。栗山ツアーはお弁当付きです。

すれ違う人たちに「若い人がいっぱいでいいね」なんて言われちゃいました。

4.鬼怒沼トレッキングゴール!おつかれさまでした

140720 re2014 03 07

雨の影響で下山が予定より遅れてしまったけれど、全員が頂上まで登りきることができました。楽な登山じゃなかったけれど、みなさんの表情には達成感があふれています。

初心者もがんばれば行ける。これが栗山ツアーです

さらに、鬼怒沼トレッキングは、通常は奥鬼怒エリアの宿に泊まらないと時間的に実現が難しいのですが、栗山ツアーはツアー当日に専用バスが利用できるため、他のエリアに宿泊しても行けるのもポイントです。東京から公共交通でいらした方は、帰りは専用バスで「鬼怒川温泉駅」まで移動できます。

栗山ツアーは8月はお休みで、次回は9月です。キャニオニングに秋シーズンの鬼怒沼やカヌーなど、楽しいアウトドアが盛りだくさんです。みなさんの参加をお待ちしています。


栗山ツアーの購読はFacebookページが便利です。

Twitter・RSSでも購読が便利です。

最新ツアー予約状況

○:6以上 / △:5以下 / ×:満員御礼

体験レポート

お知らせ