2018.07.02
里山体験
タグ:

【8/5(日)】花の宝庫で盆花を愛でる 土呂部 盛夏のフラワーツアー


いやしの里・土呂部(どろぶ)地区で、栗山ツアー初となるフラワーツアー開催決定

花が種類がもっとも多くなる、盛夏の草原が舞台。
自然や花が好きな方には、とくにオススメです。

美しい草原をゆっくり歩きながら、お盆に供える花や珍しい植物など、色とりどりの花たちを楽しく観賞します。

 

40年前の全盛期と比べると(20ha→5ha)と減ってしまった土呂部の草原ですが…
※1haは10,000㎡(100m×100m)

実は今もすごいんですよ。

春のミズバショウ(県内唯一の自生地)にはじまり、初夏のニッコウキスゲ、夏のカセンソウ・コウリンカなどなどなど…絶滅危惧種を含む希少な草花で彩られています。

その花々の種類や数が最も多くなるのが、盛夏なのです(ここ重要)

お盆の時期、地元の人々は草原に咲く色とりどりの花を仏壇に供え、先祖を供養しています。

土呂部の希少な植物や草原を守りつづける日光茅ボッチの会さんが案内します。
(秋の茅ボッチづくり体験ツアーや、冬のメープルシロップ採取体験ツアーも好評の、日光茅ボッチの会さんです)

ツアー詳細

開催日 2018年8月5日(日)
実施場所 土呂部地区
集合・解散場所 土呂部 民宿水ばしょう苑むかい駐車場

栃木県日光市土呂部(アクセスをグーグルマップで見る
対象  小学生以上
おすすめ カップル・友達 / ご年配 / ファミリー
ガイド担当 日光茅ボッチの会
定員 15名  ※小雨決行、荒天中止
最低催行人数 4名
料金
  • 1,500円(中学生以下500円)
  • ※ガイド料、昼食(弁当)、傷害保険料が含まれます
  • ※ツアー料金に宿泊費は含まれません
スケジュール

10:00

集合・受付、スタート
12:00 ランチ(弁当)
13:30 終了、解散
持ち物・服装

汚れてもよい格好(長そで、長ズボン)
帽子(日差しが強いことがあります)
運動靴(地域散策で合計90分程度歩きます)
雨具
飲料水
タオル、着替え

予約

このページ最下部の予約フォームなどで受付

ご注意
  • ・ツアー規約を必ずご確認の上、ご参加ください
  • ・キャンセル費:実施2〜7日前は料金の30%。前日は料金の50%。当日は料金の100%。※天候不良など、主催者が中止にした場合は除く

1分で学ぶ 土呂部の草原&茅ボッチストーリー

鬼怒川源流の一集落、土呂部

土呂部には数百年間、地元の人々によって守られてきた広大な草原があります。
この草原を地元の人々は親しみを込めて「カッパ(茅場)」と呼びます。

冬場の牛馬の飼料や茅葺き屋根の材料などにするため、秋になるとこの草原の草を刈り取り、茅ボッチを立て並べ乾燥させていました。

このままほおっておくと減少してしまう、地域の宝

人の手によって維持されてきた草原には、長い時間をかけて明るい草原を好むさまざまな種類の植物や昆虫が棲みつきます。

今では土呂部は、全国的にも希少な動植物が残された、数少ない多様な自然環境が維持されています

しかし高齢化や担い手不足などにより、草原は管理を放棄され、森に戻ってしまいました。
40年前は20haあった草原は現在は5haを残すのみとなっています。

里山の原風景と希少な植物を守るため、立ち上がる「日光茅ボッチの会」

この草原にずっと続いてきた秋の茅ボッチのある山里の風景と、希少な植物などを守るため、2013年に日光市民の有志が日光茅ボッチの会を発足します。

草刈りや木の伐採、シカの食害から草花を守るための電気柵設置などを行いながら、草原を守る活動を続けています。

ツアーの予約・お問合せ

予約(締切は5日前)

日光茅ボッチの会

<予約フォームからの申し込み>

<参加人数 (必須)>
※1度に5名まで申し込みできます。6名以上の場合は複数回に分けてお申込みください

<交通手段(必須)>
マイカー公共交通
<宿泊について(必須)>
※宿泊者は宿泊施設を選択

<宿泊日>
※宿泊の方のみ
ツアー前日宿泊ツアー当日宿泊

<代表者(すべて必須)>
お名前

ふりがな

性別
女性男性
メールアドレス
※パソコンからのメールを受信できる設定が必要です

代表者の携帯電話
※ハイフン不要。ツアー当日や日中に連絡がとれるもの

生年月日
※記入例(1970/10/8)

住所

<同行者①>
お名前

ふりがな

性別
女性男性
生年月日
※記入例(1970/10/8)

住所
※他の参加者と同じ場合は「◯◯と同じ」で可

<同行者②>
お名前

ふりがな

性別
女性男性
生年月日
※記入例(1970/10/8)

住所
※他の参加者と同じ場合は「◯◯と同じ」で可

<同行者③>
お名前

ふりがな

性別
女性男性
生年月日
※記入例(1970/10/8)

住所
※他の参加者と同じ場合は「◯◯と同じ」で可

<同行者④>
お名前

ふりがな

性別
女性男性
生年月日
※記入例(1970/10/8)

住所
※他の参加者と同じ場合は「◯◯と同じ」で可

<その他メッセージ>



担当:飯村(TEL090-7000-9029)、 青山(TEL 090-4719-4837)
平日9:00〜17:00まで
※個人携帯につき、電話に出られない場合は折り返しご連絡いたします。また早朝や深夜のご連絡はおひかえください


栗山ツアーの購読はFacebookページが便利です。

Twitter・RSSでも購読が便利です。