2016.10.08
トレッキング
タグ:

【2016⑱ 女峰山トレッキングレポ】ツアー最長!でもまた挑戦したい!登山者を心から惹きつける魅力とは?


nyohosan_24
栗山ツアーでは初の女峰山トレッキング。長い道のりでしたが全員無事にゴールできました。10月2日に開催されたツアーの様子をレポートします。

女峰山トレッキング ダイジェスト動画

 

1.栗山ツアーでなぜ女峰山なのか?

ゴールは女峰山の頂上。南側が日光エリア、北側が栗山エリアとで分かれています。

nyohosan_105

そして今回のコースはマニアックな野門(のかど)地区経由ルート。栗山ツアーではおなじみ布引きの滝の遊歩道入口からスタートです。nyohosan_55

トレッキングコースに地元の人に聞いたところ、頂上までの住所は、ずっと栗山(野門地区)を歩いていることになるそうです。

2.マニアックルートには発見&楽しみがめじろおし!

ガイドはネイチャープラネットさんです。満員御礼の女峰山トレッキング。3人のガイドさんが案内してくれます。nyohosan_54

歩行時間6時間以上の長いトレッキング。道中にはいろんな発見&楽しみが参加者を待ち受けていました。

nyohosan_05

見渡す限りの天然のコケ。参加者だけでなくガイドさんも思わず見とれてしまう景色でした。

nyohosan_70

nyohosan_07

「屋久島(やくしま)よりもきれいじゃん!」

そんな声も聞こえてきました。世界自然遺産にも勝る野門ルート!

nyohosan_65
木陰に潜って発見したキノコをカメラでパシャリ!nyohosan_12
一足早く紅葉が色づいている山々。nyohosan_85
天然の木橋(もくきょう)渡りにドキドキ。nyohosan_99
クサリに捕まりながら崖を降りたりもしました。

3.母なる女峰山、ゴールのその先に見えるのは…

女峰山の頂上に行くには、帝釈山(たいしゃくさん)を経由します。

nyohosan_88

女峰山頂上まであと少し。霧がかったゴールは神聖ささえ感じます。

nyohosan_20

nyohosan_22

nyohosan_28

険しい道が続きますが、元気いっぱい!

「怖くないですか?」と声をかけたら、「えっ?こんなのなかなか体験できないですよ。ちょー楽しい!」とたくましい答えが返ってきました。

nyohosan_26

nyohosan_31

念願の女峰山頂上。この日は雲がかっていましたが、風が流れたときは大パノラマを堪能することができました。

おまけ

休憩ポイントごとにメモを取る姿が。nyohosan_44
「何をメモしてるんですか?」

「今度地元のトレッキングクラブで登山する用に時間を記録してるんですよ。」

タフですね。途中リタイアする人もいるかもしれないと心配でしたが、リタイアどころか早くも次の登山を見据える参加者まで。

こんなにも登山者を魅了する女峰山トレッキング。登った人にしかわからない感動と達成感を味わうことができました。

日光市栗山地域おこし協力隊 ごいち

参加者の声(一例)

girl
「念願叶って女峰山頂上まで行けてよかった。 」(60代・女性)
girl
「女峰山が雲の間から見えた時、感動した。」(40代・女性 リピーター)
girl
「会津西街道沿いにある集落やその歴史が興味深かった。」(40代・女性)

ガイド担当

ネイチャープラネット


栗山ツアーの購読はFacebookページが便利です。

Twitter・RSSでも購読が便利です。

最新ツアー予約状況

○:6以上 / △:5以下 / ×:満員御礼

体験レポート

お知らせ