2018.06.22
里山体験
タグ:

【ワラビ採り体験レポ】山菜女子歓喜!自然も、ワラビも、BBQも、全部がっつりイキました


「自然とふれあえて心がほっとしましたご飯がおいしかったです!」
土呂部(どろぶ)の景色にいやされました。気持ちよかった!」(お客様の声)

今回の参加者はオール女性。
都会からきた方たちが、ワラビを採りつつ、土呂部の自然にいっぱい癒やされまくる企画でした!

自然もワラビもバーベもがっつり!

舞台は土呂部、この景色ですよ。
この緑はなかなかないです。。

今年はワラビがではじめるのが早かったです。
そのため採りごろのワラビたちが伸び切ったワラビの激しいディフェンスで隠れてしまうことに。
難易度はちょっと高めでした。

しゃあないな・・・ここは奴ら(雑草とか)をかきわけて“いいワラビ”を探しまくるべし!
そんな感じでした(どんな感じだよ)。

で、間違いなく去年のツアーより採るのが難しかったはずですが、「探すのも楽しかった」という声もありましたよ。

今年も地元の村上ともこさんにワラビ採りのご指導をいただきました。

今回の難易度高めの状況から、お持ち帰り用にアク抜きしたワラビを特別に用意してもらいました。

そして…

ひゃっほう!土呂部名物の里山バーベキュー!

ウリッパ(山菜)や舞茸をつかった炊き込みご飯、特性のタレをつけたシカ肉、コゴミ(山菜)などのてんぷら、川魚の串焼きなど。
女性だけということもあり、こんなに食べられるの??というボリューム。

 

こういうときってだいたいご飯とかおかずが余ります。
それでスタッフがおみやげに持ち帰るというパターンが多いのですが…

みなさんほぼ完食!

 

 

散策のあとでお腹がいい感じに空いていたとはいえ…

平均1人3杯食べてましたね!

 

「ビールのサプライズがうれしかったです」(参加者の声)

あの短時間に3本飲んだ方、すげーです。

土呂部の魅力5倍!(当社比)日光茅ボッチの会 飯村さんワールド

栗山ファンはもうご存知の方も多いですが…
この土呂部は、絶滅危惧種の植物をはじめ、めっちゃ希少な植物たちが豊富なんです

ふつーなら通り過ぎちゃうような場所も、そうはいきませんよ。
なぜならば日光茅ボッチのガイド 飯村さんがいるからです。
詳しい解説で、緑いっぱいの風景たちに深みが増します。

「いろいろな植物の説明がきけてよかったです」
「植物にも興味がでてくる年齢になってきているので楽しく過ごせた」(参加者の声)

 

ちなみにわたしもいろいろ聞かれたのですが、すみませんがほぼ飯村さんに聞きました。
けっこうわからないことがあるので、

 

「栗山の人でもわからない植物があるんですね」

とのつっこみが。。

いやいやいやいや…違うんですよ。

栗山の人がみんな植物に詳しいわけでないのです。

飯村さんが、すげーのです。

 

地元のおかあさんたちとの、ちょっとしたふれあいも

「(BBQが)おいしかったら、またくるんだよ〜」
「またおかあさんに会いにいくよ〜」

栗山に住んでいるわたしすら、見ていてほっこりするやりとりがありました。

こういうのが栗山のよさなんだと、毎回思います。

おわりに…

アンケートを読んでいてこんな声がありました。

 

「山菜はにがてでしたが、たくさん歩いてからのご飯だったのでおいしくいただけました」

まじ??にがてだったなんて!

 

めっちゃもりもり食べてのに…

でもコレは…

にがてなものさえもおいしく食べられる、土呂部マジック。
といういことにしてまとめたいと思います。

 

里山のよさをゆるく楽しく体験できるプログラム、まだまだこれからも続きます。
8月の土呂部のフラワーツアーなんて、めっちゃオススメです。(もうちょいで告知予定)

ワラビ採り体験は、栗山ツアー以外にもKuriyamaGoTravelさん でもやっています。

 

事務局アオヤマ