【月山夫婦山トレッキングレポ】令和の結界発動?幸先のよい花見ダム見登山

令和になりたての記念すべき日、「月山(がっさん)&夫婦山(めおとやま)」のダブル登山にチャレンジしました。

「新しい時代をむかえた瞬間に、何をしていたか?」
・・・あとで振り返ったとき、必ず思い出せるような楽しい登山となりました。

いきなり令和の結界発動?降水確率7割だったのに・・・

ガイドは、ネイチャープラネットさん
今年もお世話になります。

 

栗山ツアーは名前のとおり栗山でやるツアーでして、登る山の数は限りがあるのですが・・・毎年工夫に工夫を重ね、新しい登山企画を考えていただいています。

 

コロスケさんいわく
今日からいよいよ令和スタート。ずっと思い出に残る登山になるでしょう
とのことでした。

 

「元号がかわっただけで、そこまで変化はあるのか?」と、すみませんちょっと疑っていたのですが・・・

 

 

マジで令和パワー全快でした。

 

 

このとおり、降水確率7割でした。

 

栗山の他のエリアでも雨がほとんどだったのに、結果的には「なんどか小雨に降られた程度」でした。

 

小雨なので、むしろ気持ちよくて歓迎!とすら思いました。

 

これが令和バリアー!

ベストタイミングのダブル登山

今回はじめて企画して、わかったこと。

どちらの山も

  1. 2時間ちょっとで登って帰ってこられる
  2. 眺望ばつぐん。ここからしか見られない風景いっぱい
    (ダム、花見、日光連山などなど)
  3. この時期は県花アカヤシオが見頃!

な感じなのです。

夫婦山

葉が少ない時期なので、見通しがよいとのことです。

「個人で撮影するのはちょっと難しい写真」を撮ろうとスタッフもがんばるのが栗山ツアーです(失敗もけっこうあります)。

写真は毎回、希望する方にメールでお送りしています。

月山

とくに登山口付近に注目!
ヤシオツツジが満開でした。

 

また新しい発見がありました。
今市ダムがこんなによく見える!

発電用の栗山ダムと今市ダムは、2つで1つなのです。
まず今市ダムから栗山ダムに水をあげます。
そして電気をつかうときに栗山ダムから今市ダムに水を落とすのです。

 

ツアー中は栗山ダムがさまざまな角度から見られるので、みなさん1日中、バスケのドリブルばりに「ダムダム」話していました。

 

今市ダムを発見したときは興奮がピークに。

 

ラストは栗山ふるさと物産センターでダムカードをGETして帰りました。

 

おわりに

ネイチャープラネットさんの企画はいつもリピーターが多く、知っている人どうしの登山サークルのような雰囲気でした。

 

ガイドのはちべえさんは後半歌いまくって、場を盛り上げてくれました。

ほぼ何の歌かわかりませんでした。

 

でも「フデリンドウの歌」や「ショウジョウバカマの歌」あたりからはじまって、最後に「令和の歌」でしめたときには、さすがと思いました。

 

個人的には、参加された方からいろいろな話を聞けるのが毎回楽しみです。

栗山ツアーが「栗山の魅力を知るひとつのきっかけとなった」との声を聞くこともあり、とてもうれしく思っています。

 

令和パワー全快ではじまった栗山ツアー、今年もよろしくお願いします。

スタッフ アオヤマ

 

写真はみんなの心のイメージです(申し訳ございません)

 

ガイド

ネイチャープラネットさん

3ダム見学ツアーも好評実施中!(2019年4月〜6月)

登山データ

スマートフォンアプリ使用

<夫婦山>
歩行時間 約120分/歩行距離 約4.4km/標高差 約301m(1040m→1341m )
<月山>
歩行時間 約120分/歩行距離 約3.2km/標高差 約238m(1040m→1278m)

最新情報をチェックしよう!