【ワラビ採り+自然散策レポ】何時間あっても足りない。みんながハマる無限ワラビ

「(去年以上に)ワラビをいっぱい採れて満足です」
「お腹いっぱいおいしい物を食べられてよかった!」
「ふだん見られない植物や虫、鳥のことなどを教えていただきました」

ワラビ採り体験+自然散策」、天気が不安定でしたが楽しく実施できました!

お母さん「子供たちに自然を楽しんでもらいたい」

今回のテーマはまず「ワラビ採り」ですが、それだけじゃなく楽しい「自然散策」もあるのが栗山ツアーです。

ここは希少な植物が豊富な土呂部(どろぶ)地区。

自然散策について、土呂部のツアーでおなじみの「日光茅ボッチの会」さんの案内でツアーがスタート。

代表の飯村さんによる自然や植物など詳しい解説を中心に、会のみなさんにご協力していただきました。 

 

お客さまの声

ツアーに参加することがはじめてでしたが、子供たちの意外な一面が見られたものよかったです
子供たちも最初から最後まで楽しめてよかった子供たちに自然を感じてほしいのでまたきます

 

土呂部の自然は子供たちとの相性もばっちり。

カエルやバッタを怖がらずにさわれるのなら、いっそう楽しめるはず。

単純だけどハマる「ワラビ採り」

ワラビ採りはワラビを採るだけですが、毎年ハマる人が多いです。

今年も地元の村上ともこさんにワラビの採り方をレクチャーしていただきました。

お客さまの声

はじめてワラビ採りしました。採り方がわからなかったですが、ていねいに教えてもらい楽しめました。お昼もおいしくいただきました

地元の人にとってワラビは当たり前のものでも、町の人からすると「めずらしいもの」みたいです。

 

草原に無限に生えているワラビから、食べ頃のヤツを探してポキっと折ってGET。

「採り頃のワラビは、採りやすいようやわらかくなっているのもおもしろい」との声も。

 

みなさんハマっていましたが・・・ツアーなので撮り放題には時間制限をもうけるのですが、タイムアップ後もワラビが気になっている様子です。

なんとなくソワソワしている。

 

 

空に鳥が飛んでいると、飯村さんによる説明があります。

みなさん上をチラ見するのですが・・・

 

 

・・・

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

見ているの下ばっか!

 

 

 

ひたすら下を見ながら歩くので、栗山ツアー史上、もっともゆっくりの歩行速度でした。

広がる土呂部ファン

最後は、シカ肉のみそ焼き、山菜のまぜご飯、焼きたての川魚などをおいしくいただきました。

おいしいおいしいと食べまくっていたら、10分くらいでなくなってしまったかも。

 

 

お客さまの声

他の企画も参加してみたいと思いました

またミズバショウの鑑賞のために土呂部へ伺います

キャンプ場も気になります。みなさん親切でした

 

 

はじめてツアーに参加する方にも喜んでいただけたようです。

「前からこの辺は好きで年に数回遊びにきています」「はじめてきましたが、いいところですね」そんなふうに話す方もいました。

 

ワラビなどの山菜は栗山を代表するおいしいもので、たくさんの人に食べてもらいたいと考えています。

それでも町に住む方には「なかなか接点ないよ」と言われることも。

そんな方もワラビを採りまくって食べられる機会を、栗山ツアーとして今後も実施したいです。

 

スタッフ アオヤマ

主催:キャンプインドロブックル
協力:日光茅ボッチの会

最新情報をチェックしよう!