【ハンターツアーレポ】ここ一番の勝負強さ!熱くておちゃめな山の男たち

Kuriyama Go Travelのごいちです。

狩人の本音、山人の暮らし、栗山の“人”の魅力がギッシリつまったハンターツアー。一度体験したらやみつきになること間違いなし!そして、今年も最強の勝負強さが光りました。

暖冬の影響…それでも仕留める栗山ハンター

「今年は暖冬で雪も少なくて…」

雪が少ないと鹿が山から降りてこなくて仕留めるのは困難なんだとか。今年は全国的に雪が少なく、ツアー当日に鹿を仕留めるのは絶望的だと思われました。

しかし…
この道40年以上のベテランもいる栗山ハンター、その名も「それそれ会」
今年もやってくれました。

せこ(鹿を追いかけるチーム)とたつ(鹿を撃つスナイパー)に別れて、各自が持ち場について間もなく銃声が聞こえ、鹿とのバトルが始まりました。

スピーディに状況が変化する狩場、無線を通して告げられるリアルタイムな状況。臨場感あふれる体験も魅力の1つです。

せことたつが合流した先には…
いました、倒れた鹿が。不利な状況でも本番で仕留めちゃうハンターたち。長年の経験がこの勝負強さを支えているんですね。

お客様の声
「初めてのハンター体験はとてもエキサイティングでした」
「目の前を鹿の群れが走る所やライフルの発砲の音に興奮した」
「鹿の足跡や寝床を見ることができた」

山の恵みに感謝しながら「皮はぎ体験」

猟を終えたら、実際に獲物を解体する方法を学びます。キレイに肉と皮をはがしていきます。

ハンターの手際の良さに驚きの声も。

せっかくだからということで、鹿の角もプレゼント。山の恵みに感謝です。

ここからが本番!時間も忘れる大宴会

濃~い体験の後は、さらに衝撃的な大宴会。ハンターツアーを目いっぱい楽しむ瞬間です。ハンターたちのぶっちゃけトーク、山の暮らしの魅力、絶品ジビエ料理、楽しい時間はあっという間に進んでいきます。

一度飲んだらもう友達。まるで昔からの友達のように参加者とハンターがファーストネームで呼び合うのも心がほっこりする瞬間でした。

新鮮で手の込んだジビエ料理もたくさん!

お客様の声
「地元ハンターの本音トークが色々聞けておもしろかった」
「ハンターの方がみんな親しみやすく、話がはずみ、本当に楽しい宴会でした」
「宴会は食事が全ておいしく、アルコールも飲み放題で驚きでした」

剥いだ皮はどうなるの?鹿革アクセサリー体験

翌日、希望者は鹿革アクセサリー体験。剥いだ鹿皮がどうやって活かされるのかも知ることができました。

今回は鹿革のパスケース。自分で作るから愛着も湧くし、実用的。世界で1つだけのおみやげが完成です。

おまけ①

栗山への“愛”がどんどんあふれてくるハンターツアー。昨年も今年も参加してくれたリピーターの方がハンターツアーフォトブックを作ってくれました。こういうの、ほんとウレシイです。

おまけ②

あれ?女性ハンター?



昨年は参加者でしたよね?

実は昨年ハンターツアー参加後、栗山に移住して、そのままそれそれ会のハンターたちと一緒に猟をしています。昨年の参加者がハンターに…
栗山に移住してしまう、それくらいハンターツアーの魅力があるのですね。

ギャラリー

Kuriyama Go Travel ごいち

最新情報をチェックしよう!