2018.09.18
トレッキング
タグ:

【女峰山トレッキング レポ】修行ツアー!だからこそ格別の達成感


このルートはとにかく長いのですが、全員ぶじに登って帰ってこられました。

天気もよくなかったけれど、てっぺんではこの笑顔!

このツアーは修行です

ガイドはおなじみ、ネイチャープラネットさん。

栗山ツアー最長、歩行時間 約9時間
とにかく長いんです。

27回。

これはなんの数字でしょうか?
登山中にわたしが「なげー」と思った回数です。

こんな感じの風景が無限?と思うほど続きます。
写真が若干ぶれぎみなのは、わたしのHPが14しか残っていなかったからです。

天気も途中から崩れ、雨とくもりの繰り返し。
撮った写真の背景は、だいたい白でした(晴れなかった)

今回も日光砂防事務所さまにご協力いただき、特別に林道をショートカット(合計120分くらい短縮)をしましたが、それでも長いです。

女峰山ルートのわたしのイメージです。

  1. 1.エンドレス林道
  2. 2.富士見峠→帝釈山までの1時間ちょっとの上り(最大の難関)
  3. 3.帝釈山てっぺんから尾根ぞいに女峰山てっぺんへ(感動)

 

わかっちゃいるけど、やっぱり2がきつかったです。
どういうルートでも10時間近くかかるのが女峰山です。

つらい道のりですが…

だからこそ、登ったときの達成感も格別です。

地元中学生の活躍(体力底なしかよ)

中学生の2人は疲れ知らず。

途中で歌をうたったり(なぜかカエルの歌)、しりとりをしながらずっと元気にのぼっていました。
登山ペースがずっといい感じだったのは、2人のおかげかも。

しりとり中、 2人のどちらかが元気よく叫んだ

「にんげん!

「あんぱんまん!

という声が、印象的でした。

みんなに元気を与えてくれてありがとうございます。

おわりに

2年ぶりに復活した女峰山トレッキング、ありがたいことに今回も満員です。
リピーターの方も約8割と多く、しかも健脚の方ぞろいなので、ハードなコースのわりには話をしながら楽しくのぼれたと思います。

集合写真の背景はやっぱり白なので、

「フォトショップ(写真編集ソフト)で背景を青空にしてくれ」

という声もありましたが、みなさんの笑顔が最高で十分にいい写真なので、そんなことはしませんよ。

個人的には前回の登山で「ひざ、やべーかも?」と不安でしたが、なんとかぶじ帰ってこられました。

が、ガイドのコロスケさんによると、次回もひざにけっこうくるみたいです。

次回とは、鬼怒沼からの群馬(大清水)へ抜けるツアー初のルートです。
晴れるといいなぁ。

事務局アオヤマ

ガイド:ネイチャープラネットさん


栗山ツアーの購読はFacebookページが便利です。

Twitter・RSSでも購読が便利です。